Loading...

FUTURE(TV授業)について

世界のどこでも受講可能

世界のどこでも受講可能

世界中でビッグバンの個別指導が受けられる!
双方向型授業FUTUREを使って、ビッグバンの個別授業が自宅PCで受けられます!

進学塾ビッグバン・講師

FUTUREとは

遠隔地の生徒さんの最大の悩みは、しかるべき個別指導を日常的に受講できないことです。衛生予備校の授業は、分かるまでオンデマンドで視聴することで授業内容の一通りの理解はできても、疑問が生じた時どうしたらいいのか、更に、そこから何をどう展開していくべきか、定着のための演習にどんなテキストを選んだらいいのか、など個々の奥深い要求に答えられないのです。
双方向型授業FUTUREは、東京・大阪の名だたる講師が、遠隔地に住まう生徒さんや、部活などで塾に通うことが困難な生徒さんたちに、一対一で語りかけ、質疑応答することができるシステムです。
双方向型授業FUTUREは、一般の家庭教師とも違います。確かに家庭教師同様、個々のレベルに応じた質疑応答を含むとはいえ、あくまで医系に特化したカリキュラムを基軸とし、達成目標を「医学部合格」に置く、講師主導型の教授システムだからです。
双方向型授業FUTUREの講師は、ビッグバンの通常の個別講師と同じ対応をします。達成度に応じて1人ひとりに新作問題を作ったり、中間期末試験対策をしたり、さらにはプライベートな質問にも秘密厳守で応じます。

FUTUREを受講するに際し、ご家庭で必要となる要件

クライアントPC

■OS
・Microsoft Windows XP(SP2以上)/Vista(SP1以上)/Windows7/Windows8
・Mac OS X 10.6x Snow Leopard/10.7 Lionのどれかをご用意ください。

■モニタ
・1024×768、16bitカラー以上を用意ください

■回線
・IPネットワーク128kbps以上が必要です。

周辺機器(周辺機器はご家庭でご用意願います)

■ヘッドセットはたはマイク一体型スピーカー
■WEBカメラ
■プリンタ・スキャナまたは家庭用複合機

その他

■生徒個人用PCメールアドレス
※初期設定時にはソフトウェアのインストールが必要です。

プランニング例

実施日数、個別実施コマ数については、ご要望通りにプランニングさせていただきますので、ご都合ご予定をお伝えください。

イラスト

北海道稚内市に住むCさんの場合

Cさんは現在高校2年生。将来はお父さんの跡を継いで医師を目指している。地元の衛星予備校に通っているが、わからないところの質問ができず困っている。首都圏、関西圏のように医系専門予備校がないのがハンディだ。

春休みに上京し、個別の先生と面談されました。春・夏・冬休みには東京のビッグバンに来て直接授業を受け、普段はその先生にFUTUREで授業をしてもらうことにしました。

プランニング図
イラスト

兵庫県姫路市に住むD君の場合

D君は現在公立進学高校3年生。医学部を目指している。普段は地元の塾に通っているが、やはり医学部専門塾で特に理数科目を学ぶ必要性を感じている。

D君の住まわれる姫路から大阪茨木校、南校どちらも片道1時間半はかかります。だとすれば、塾には土・日しか来れません。でしたら普段はFUTUREしかないでしょう。

プランニング図