Loading...

医学部の学科にはどんなものがあるか

医学部にはどんな学科があるの?

医学部にはどんな学科があるの?

一般的に「医学部」というときには医学科を指すことが多いですが、医学部には医学科以外の学科もあります。医学科も含めた各学科の特徴はそれぞれ以下の通りです。

医学科

医師を養成するための学科です。広範にわたる医学を学んでいく必要があるため、6年制となっています。学生は、人間の正常な身体の仕組みや構造を様々な角度から学んでいく基礎医学や、それぞれの病気について具体的な病態や疾患、治療法などを学んでいく臨床医学を履修し、医師国家試験の合格を目指します。

健康総合科学科

東京大学医学部に設置されている学科です。看護学コースと健康科学コースに分かれています。基礎研究から臨床研究まで幅広い知識を学んだ、保健医療に関しての研究者や高度実践者を養成することを目的としています。

看護学科

看護師や保健師を養成するための学科です。看護師・保健師統合プログラムが採用されており、国公立、私立問わず多くの大学に設置されています。看護学部として開講している大学もありますが、学ぶ内容はほぼ同じです。学生は卒業時に看護師と保健師の国家試験受験資格を得ることができます。

保健学科

健康の探求とその維持・増進を目的とする諸科学を統合した総合科学を学ぶ学科です。主に診療放射線技師や臨床検査技師、作業療法士、理学療法士などの保健・医療・福祉における専門職を養成しています。

栄養学科

徳島大学に設置されています。国立大学唯一の医学部における栄養学科で、管理栄養士の養成とともに、栄養学の基礎的研究、教育を担うための研究者・教育者を養成しています。

生命科学科

医学部では鳥取大学と九州大学のみに設置されている学科です。医学に深い造詣のある生命科学研究者の養成を目的としています。

それぞれの学科で学ぶことは異なりますが、医療を志す人に向けて開かれた学問であるという点では同じです。自分が何を学びたいか、将来どうなりたいか、自分自身のライフプランと照らし合わせて考え、学科を選ぶとよいでしょう。