医学部合格をめざすなら
東京・大阪の予備校進学塾ビッグバン

最後まで諦めないで! 奇跡は必ず起こります!合格座談会

2018年 医学部合格者インタビュー

医学部合格おめでとう!今年も激戦だった医学部受験・・・
そんな難関を乗り越えた合格者たちに、ビッグバンでの合格の秘訣をインタビューします!

  • 東京医科大学 進学
    お茶の水校 : F.N君(19歳)
    偏差値入塾前:60 受験直前:68

    F.N

ビッグバンに入塾する経緯

市原勇紀
インタビュアー 市原勇紀(いちはら ゆうき) 東日本地区教務部長兼 生物科講師
  • 市原

    ビッグバンをどこで知りましたか?

  • ホームページです。
    大手予備校の集団授業だと、全部自分でやらないといけないので、怠けて
    しまうと考えました。
    高3の時にそれで失敗したので、大人数ではない点を重視して予備校を
    探し、ビッグバンを見つけました。

    F.N

  • 市原

    ほかにも医系予備校がある中でビッグバンを選んでくれた決定打はどこですか?

  • 決定打は22時まで全員が拘束される環境です。
    本当に勉強するならこれぐらいやらなきゃ!と思って決めました。

    F.N

  • 市原

    ビッグバンの第一印象はどうでしたか?

  • 教務や講師と生徒との距離が近いと思いました。
    塾に来やすくなるし、大事なところだと思います。

    F.N

ビッグバンの良かったところ

  • 市原

    ビッグバンで1番よかったところはどこですか?

  • 集団だけでなく、個別授業があるところです。
    学ぶ機会が増えるし、スケジュールも増えて、それだけだらける時間も無くなるし、なにより僕自身に予定を合わせてもらえることがよかったです。

    F.N

  • 市原

    F.Nくんに合わせられることがよかったんですね。

  • はい。特に夏の個別は、数学や物理の苦手分野を一気に克服できました。
    僕はギチギチに詰められたスケジュールにしたかったので、好きなだけ個別を入れられるのは良かったです。

    F.N

  • 市原

    学習面以外ではどうですか?

  • 先ほども言いましたが、教務の人達と距離が近いところです。
    面談も何度もあり、面談でなくても声をかければ相談に乗ってもらえる、サポートをしてもらえるのがビッグバンの魅力だと思います。

    F.N

受験の悩み

  • 市原

    成績で伸び悩んだ教科などありますか?

  • 物理には苦労しました。
    ずっと標準レベルで、思うように成績が伸びないときがありました。
    でも、勉強の手を止めることだけはしませんでした。

    F.N

  • 市原

    モチベーションは保てていましたか?

  • 保つようには頑張っていましたが、疲れてしまう時期もありました。
    そういう時はリフレッシュするか、細かな目標を立てておくといいと思います。
    僕は、集団では1番上のクラスに入ること、居続けることを目標にしていました。
    本番の入試での合格は1年間の目標にするには遠すぎるので、模試やクラス分けテストなど、小さく目標をその都度設定した方が絶対モチベーションが保てます。
    模試だと規模が大きすぎるので受験者の中での自分の位置に実感がわかない人も、ビッグバンのクラス分けテストなら学期や講習ごとにクラス移動にかかわってくるので、自分の成績や成長が身近に感じられると思います。

    F.N

  • 市原

    勉強中のリフレッシュ方法などありましたら教えてください。

  • そうですね、リフレッシュ方法としては、動画を見ることや音楽を聴くことですね。
    受験期はYouTubeにお世話になりました(笑)

    F.N

  • 市原

    大学でやりたいことは何ですか?

  • 高校でバドミントン部だったので、大学でもバドミントンをやりたいですね。

    F.N

受験生への応援コメント

  • 市原

    これから受験する人へひとこと、お願いします!

  • 受験は、だらけたときにどうするかがカギだと思います。
    大変かもしれないけど、自分で出来ない人は個別をどんどん入れたほうがいいと思います。
    個別をやれば勉強した達成感も得られて、個別を重ねればどんどん難しい問題も解けるようになります。あとはひたすらやるしかないです。
    やる気は、やってるうちに湧いてきます!がんばってください!

    F.N

  • 市原

    F.Nくん、ありがとうございました。本当に合格おめでとう!!

  • 産業医科大学 進学
    梅田校 : I.T君(19歳)
    偏差値入塾前:41 受験直前:62

    I.T

ビッグバンに入塾する経緯

芝高太郎
インタビュアー 芝高太郎(しばこうたろう) 進学塾ビッグバン 小論文科・国語科主任講師
  • 合格おめでとう!

  • ありがとうございます!

    I.T

  • 合格を知った時は泣きそうになったよ。本当に良かった。

  • 僕も何度も合格発表のページを調べました(笑)。今は合格した喜びもありますが同時に身が引き締まる思いです。

    I.T

  • 今日は合格対談ということなので、岩本くんとの思い出話をしながら入学当時からを振り返ろうと思います。岩本くんは医師家庭ではないけどビッグバンをどうやって知ったの?

  • とにかく1年で合格したかったので大手予備校ではなく医学部予備校で勉強することは決めていました。
    ビッグバンはインターネットのランキングサイトで1位だったので一番最初に資料を請求して実際に校舎見学に行きました
    。校舎全体がピリッとした印象だったので「ここでなら集中して勉強できる」と思い入塾を即決しました。
    自分で勉強することに自信がなかったのでビッグバンのシステムは合っていると思いました。実際に物理の偏差値は高3当時と比べて36ptもUPしました。

    I.T

  • そうだね。岩本くんの印象はとにかく勤勉で真面目。本当に理想的な生徒だったよ。ただそれが仇となって体調を崩しやすかったのが心配だった。医学生になってからが大事なのでこれからは無理することなく自己管理も大切にして充実した学生生活を送ってください。

  • はい。勉強とクラブ活動を頑張ります。

    I.T

  • 産業医を目指したきっかけは?

  • まず第一は学費が安いということが魅力でした。できるだけ親に学費負担をかけたくなかったので。
    個別チーフの田中先生から『過労自殺』という産業医に関する本を頂いて産業医への興味を持ちました。この本を読んだことは面接でも非常に役に立ちました。

    I.T

入試本番について

  • 面接はどうだった?

  • しっかりと面接練習をしていただいていたので大丈夫でした。
    芝先生のおかげです。面接官も優しくてリラックスできていたと思います。

    I.T

  • それは良かった。練習でも上手かったしね。小論文は?

  • 1問は出題意図が分からない問題がありました。でもとにかく字数だけは埋めようと必死でした。
    内容は支離滅裂だったと思いますのでよく受かったなと。

    I.T

  • 岩本くんで対応できない問題なら他の受験生も無理だったと思うよ。それくらい岩本くんの小論文は完成度が高かった。前期はスピード不足が目立ったけど後期途中からそれが克服されてメキメキ実力がついてきてたしね。

受験生への応援コメント

  • それでは最後に後輩へのメッセージをお願いします。

  • 僕は絶えず後がないという気持ちで毎日を必死で頑張ってきたことが良かったと思います。
    “次”ではなく“今”を大切してください。

    I.T

  • 本当にその通りだね。今まで全力で頑張ってきた分、入学までの期間はゆっくりと過ごしてください。
    好きな読書にふけるのも良いけど応援してくれた両親と過ごす時間も大切に。それが親孝行でもあるから。
    最後に改めて合格おめでとう!立派な医師になってください。今日はありがとう。

  • はい!1年間本当にお世話になりました。ありがとうございました!
    “次”ではなく“今”を大切してください。

    I.T

  • 愛媛大学医学部 進学
    南校 : O.H君(19歳)
    偏差値入塾前:37 受験直前:67.5

    O.H

ビッグバンに入塾する経緯

野坂直史
インタビュアー 野坂直史(のざかなおふみ) 進学塾ビッグバン 大阪南校 校舎長
  • 野坂

    ビッグバンに入塾した経緯を教えてください。

  • 進学塾ビッグバンで親戚が医学部に合格をしていたのと、父の強い勧めがあったからです。

    O.H

  • 野坂

    9~22時まで拘束ですが、大変ではなかったですか?

  • 正直、慣れるまでは大変でした(笑) 勉強が嫌だなと感じても強制的に勉強ができる環境になっているので、自分に甘えることなく勉強にすることができました。
    このカリキュラムは僕には合っていたなと今では思っています。

    O.H

ビッグバンの授業・カリキュラムについて

  • 野坂

    早朝テストをはじめ、毎日たくさんのテストがありますが、どのように取り組んでいましたか?

  • 本当にたくさんありました(笑) 毎朝の早朝テストは、思考力を問う問題から、漢字、計算ドリル、単語・熟語テストとたくさん種類がありました。
    授業前に少し頭を使うことで頭が冴え授業に集中することができました。
    また、学習した範囲から出題される週間テストは、定着できているか否かを確認できるテストでした。
    間違いが多い分野は、個別指導でしっかり遅れを取り戻すように心がけました。
    嫌なことに、週間テストはランキングを掲示されるので、少しでもいい順位を!を取りたいという思いで頑張れました。

    O.H

  • 野坂

    授業の進め方はどうでしたか?

  • 大手予備校と違い、集団クラスの授業でも僕のクラスは最大9名でした。
    そのため、講師が一方的に話すのではなく、僕たちが問題を解いている間は講師が巡回し、手が止まっていたら解き方のヒントを教えてくれたり、授業中でもふと思った質問にも答えてくれたりとアットホームな感じで授業は進んでいきます。

    O.H

  • 野坂

    授業のあとに、個別授業をとっていたりしていたけど、どんな勉強をしましたか?

  • さっきと重複しますが、週間テストでの理解度や、苦手な数学を補うために個別授業をとっていました。
    受験前になると、志望大学の対策をこれでもかというほどしてもらいました。これが自信につながったと思います。

    O.H

勉強面以外でのビッグバン

  • 野坂

    自習室はどうでしたか?

  • 一人ひとりの個別ブースがあって勉強しやすい環境でした。
    学生講師が自習室監督をしてくれているので、いつでも質問できてよかったです。

    O.H

  • 野坂

    ストレスたまったときはどうやって解消しましたか?

  • 息抜きにゲームをしていました。1年間乗り切るためには、息抜きは本当に大切です。

    O.H

入試本番について

  • 野坂

    合格する自信はありましたか?

  • ありました。しっかり志望大学の過去問対策をし、本番直前まで、先生方に励ましてもらい、たくさん指導してもらいました。そして、一次試験合格後には、すぐ二次試験対策の面接練習もしてもらえました。入室方法から教えてもらえます(笑) 練習で聞かれた質問は自信をもって答えることができました。

    O.H

  • 野坂

    複数校から合格をもらっていたけど、この大学へ行くってどういう風に決めましたか?

  • 高校の時、見学した愛媛大学の雰囲気がよく、この大学に行きたい!と考えていました。センター試験で自己採点して結果がよかったので、そこからは、愛媛大学へ合格するために本格的に頑張りました。そのため、合格したときは、迷いなく入学を決めました。

    O.H

受験生への応援コメント

  • 野坂

    後輩に何かメッセージはありますか?

  • さぼらずにやる、遅刻をしない、真面目にやること。この3つが大切です。受験勉強は本当に大変です。
    ストレスもたまると思いますが、この1年が勝負と思って頑張ってください。応援しています。

    O.H

  • 野坂

    ありがとうございました。Oくん愛媛大学合格本当におめでとう!

高い合格率を生み出すビックバン独自の学習システム!! お問い合わせ・資料請求高い合格率を生み出すビックバン独自の学習システム!! お問い合わせ・資料請求
トップに戻る