医学部合格をめざすなら
東京・大阪の予備校進学塾ビッグバン

よく寄せられる質問を集めました医学部に関するQ&A

仮面浪人って何?

仮面浪人とは、第一志望の大学に不合格になり、それ以外の大学や学部に進学しながら、次年度の入試に向けて受験勉強を続けている状態を指します。

仮面浪人になるメリット

仮面浪人になるメリットは、「大学生」という地位を確保できることです。
一般的な浪人生の場合に、親や友人など人の目が気になり常にプレッシャーを感じてしまいます。 しかし仮面浪人であれば、周りのプレッシャーを感じることなく受験勉強に挑めます。
仮に次の受験で落ちた場合でも、単位をとっていればそのまま大学生活を送れるため、精神的な余裕が生まれるのです。

また第一志望でなくても進学してみることで、その大学の魅力を知り、ここで頑張ろうと心変わりすることも少なくありません。
反対に、まったくやる気のでない大学だと感じた場合は、第一志望への気持ちが膨らみ、受験への思いを高められます。

仮面浪人になるデメリット

仮面浪人のデメリットは、受験勉強をする時間の確保が困難になるということです。
仮面浪人は他の浪人生とは違い、大学での講義時間や課題の提出など、受験勉強と並行して行わなければなりません。 そのため受験に必要な勉強時間が制限されてしまうのです。

他のデメリットとして、モチベーションを維持しにくくなるという問題があります。
大学生活が充実していると、第一志望だった大学への関心が薄れ、結果的に受験するモチベーションも低下してしまいます。 そのため、最終的に第一志望を諦めてしまう仮面浪人も存在するのです。

仮面浪人の成功は目的意識が大事

仮面浪人になり、志望大学に編入するためには、目的意識が重要になります。単に「前回惜しかったから」とか、「滑り止めは自分のプライドが許さない」といった、将来に直結していない動機では受験のやる気を保てません。
「第一志望の大学の高い教育水準で学びたい」ということや「この先生のもとで学びたい」など明確なビジョンを持つことでやる気が維持でき、仮面浪人を成功させるポイントとなります。

仮面浪人は数ある選択肢の中のひとつです。自分にとって、仮面浪人になることが最善の選択なのかを十分に考え、納得してから決めるようにしましょう。
一覧に戻る
高い合格率を生み出すビックバン独自の学習システム!! お問い合わせ・資料請求高い合格率を生み出すビックバン独自の学習システム!! お問い合わせ・資料請求
トップに戻る