医学部合格をめざすなら
進学塾ビッグバン
医学部専門、京都駅から徒歩10分

よく寄せられる質問を集めました医学部に関するQ&A

医学部にはどれくらいの浪人生が入学するの?

毎年多くの不合格者が出る医学部受験は、言うまでもなく難関です。
不合格者の中には、浪人生として翌年も合格を目指す人もいます。
その数は他学部に比べても多く、志願者数、入学者数ともに浪人生の比率は高くなっています。

合格者のうち浪人生はどれくらいいるか

文部科学省が発表した2014年度の「学校基本調査」によると、2014年度に医学部に合格した8,565名のうち、現役合格をしたのは3,283名でした。
それ以外のほとんどが浪人生ということになり、その割合は医学部合格者全体の62%にも及びます。
全大学全学部の合格者のうち浪人生が占める割合は16%ほどのため、いかに医学部合格者に浪人生が多いかがわかります。

志願者のうち浪人生はどれくらいいるか

16万2444名いた2014年度の医学部志願者のうち、2015年3月に高校卒業予定の現役生は5万7207名でした。
およそ10万5000名近く、志望者全体のうち65%ほどを浪人生が占めていたということになります。2014年度の大学受験生のうち、浪人生が占める割合が24%ほどです。
このデータを見ると、医学部には「浪人してでも医学部に入りたい」という強い思いを持った人が数多く集まってきていることがわかるでしょう。

志願者・合格者は何浪しているか

医学部を志願する人、入学する人の中には浪人生が多くいます。では、浪人生は何浪しているのでしょうか。
医学部志願者から見た浪人生の割合としては、現役の受験生が35%、1浪の受験生が27%、2浪が14%、3浪が7%、それ以上が15%となっています。
全学部では志願者の割合が76%、17%、3%、0.8%、1.3%となっているため、医学部における多浪生の多さが見て取れます。
合格者の占める割合でも現役生が38%、1浪の受験生が33%、2浪が13%、3浪が5%、4浪が8%と非常に高い割合を浪人生が占めており、医学部受験が一筋縄ではいかないことを示しています。
これらの数字を見てわかるように、医学部合格を目指す現役生が戦うのは、同じ時間だけ勉強をしてきた他の現役生だけではありません。
また1浪の受験生でも、さらに1年多く勉強した2浪の受験生と同じ土俵で戦うことになります。
この浪人生の多さも、医学部受験が難関といわれる理由なのです。

一覧に戻る
トップに戻る